社員研修に行きたくない人の心理とは?

すでに出来ることだから

社員研修は、能力を底上げするための研修ですが、すでにその能力を持っている人は退屈してしまいます。
例えば、4月から入社する新入社員の研修では主に挨拶、名刺交換、電話対応といった社会人の基本的なマナーを行います。
しかし社員になる前から学生はすでに社会人マナーをインターンシップでやっていたり、内定をもらうために大学等で練習したりしています。
すでにやったことあるから、研修に行きたくない人は研修することに疑問に思います。

研修は、優秀な人材を育て上げるために行ないますので、全員にさせなければなりません。
またその能力が備わっているかの確認でもあるのです。
”分かること”と”できる”は異なってきます。
行きたくない研修生に対して自信をもって仕事に臨むためには研修を受けるほうがいいと伝えるといいでしょう。

する目的を持っていないから

社会人のマナーに”挨拶”がありますが、”大きな声”で”はっきり”と挨拶をさせられます。
研修に行きたくない人はグループワークは特に、恥ずかしくなったり、
「(なんでこんなことやらされているのか)」と受け身になってしまったりしています。
例として挨拶を挙げましたが、挨拶は、人とコミュニケーションをとるのに重要な役目があり
そのことを意識していない、または気付いていないから研修を避けています。

まず、研修を開く側は、研修はどうしてするのか?何のためにするのか?
研修生に意識させることが大切です。意識を持つことは主体性を持たせるということです。
そして、その研修を受けて、仕事がどうよりよく変化したのか
先輩社員からエピソードを交えるといっそう研修生の意識を高めることが出来ます。