社員研修で学ぶべきカリキュラムとは?

仕事の基本スキルを身につけよう

社員研修にはいろいろの多様な内容があります。技能・技術の各段階に応じた研修や、組織の中で効率よく人間関係を活用していくノウハウ研修などがあげられます。長い職業生活の中で重要なことは、社内の各組織、社外の各組織に通じる基本的スキルを身につけることであり、これが社員研修の中核となり、最重要課題であると理解できます。仕事の基本スキルは大きく三つのカリキュラムに分けられます。
(1)専門知識・技能、(2)仕事の仕方(課題への取り組み方)、(3)人との関わり方(対人関係の対応方法)の三つです。
(1)は自分の職業的な強み、商品としての労働力の向上で、長年同じ分野を進む場合も有り、自分を取り巻く環境により変化することもあります。重要なことは「自分の商品としての労働力」を追求する姿勢を忘れないことになります。(2)、(3)は(1)を支える基盤となる事項で、次に紹介します。

仕事の基盤スキル・二つの項目をレベルアップしよう

自分の商品としての労働力(専門知識技能)の成果は、「仕事の仕方」と「人との関わり方」で支えられていることの理解が重要です。
[仕事の仕方」は五つの観点が重要です。(1)[現状把握]自分の課題決定の情報収集と分析、(2)[課題設定]自分の課題の決定、(3)[実施計画立案]課題遂行のための計画作成、(4)[課題の遂行]スケジュールに基づく各業務の実施。難題に直面することが予想されます。(5)[検証と評価]遂行された結果の検証と評価を客観的に行ないます。
「人との関わり方」は三つの観点が重要です。
(1)社外対応のコミニケイションの取り方、諸調整のやり方等です。(2)社内対応の、上司、関係部署等との良好な人間関係形成・維持です。(3)部下管理です。組織で仕事をする場合、部下が重要な戦力となることを理解してください。
これら仕事の基盤となる管理項目を身につけることが学ぶべきカリキュラムとなります。