経営者必見!社員研修で社員に伝えるべきこと

社員研修は自主性を引き出すことが大事

社員研修の目的は人材育成により、利益率を向上させることです。そのために社員が学ぶべきことは極めて広範囲にわたります。そこで限られた時間内で行う研修では、社員の向上心を培うような講習を行うことが必要になります。例えばビジネスマナーを教える場合にも、単純にそのノウハウだけを伝えても効果はあまり得られません。そのようなスキルを身につけることで、どのような効果が得られるのかを伝えることが必要と言えます。ビジネスマナーを備えることで、どのように仕事の質を高めることができるのか、それによってどんなやり甲斐を感じることができるのかを伝えるわけです。その結果、社員がその後も自分の意思で、さらにスキルを高める努力ができるようにすることが大切です。

会社の経営理念を伝える

会社にはそれぞれカラーというものがあり、ブランドがあります。その会社の個性とも言えるブランドを維持するためには、社員皆に経営理念を伝える必要があります。同じ理念の元に考え判断し、行動できるようにするわけです。その結果、どの社員でも同じような品質の仕事ができるようになりますし、サービス提供ができることになります。社員研修はその理念を伝える場として必要というわけです。どのような価値観の元に行動するのかを徹底させるためには、社内での教育が不可欠です。あとはその理念を元に、会社が追求する品質を実現できるように自分で考え業務を遂行できるようにします。自分の仕事を通してどのような価値を生み出せるのかを考えることができるようにすることが大切です。